コラムCOLUMN

  1. HOME
  2. コラム
  3. 待合室での公衆無線LAN、セキュリティの考え方

COLUMNコラム

待合室での公衆無線LAN、セキュリティの考え方

待合室での公衆無線LANの導入、続々とすすんでいます。
今回は、先生がたが一番心配される、セキュリティについて考えてみます。

セキュリティは、2段階で考える

セキュリティは、「回線」「機械(ルータ)」に分けて考えます。

「機械(ルータ)」で高性能なものを道入したとしても、
「回線」の管理が甘ければ、情報はダダ漏れになります。

回線について

回線の利用には、3パターンあります。
1.患者さん専用に、フレッツ光をもう1回線契約
  完璧なセキュリティ対策ですが、金額的に躊躇される先生が多いです。
 (月額8千円くらい)

2.既存のフレッツ光の機能を使って、2つのプロバイダ契約をする(回線を分ける)
  フレッツ光だけは、マルチセッションという機能があり、1つの回線契約で複数のプロバイダーに同時接続ができます。
  現実的で、セキュリティ的にもかなり安心。
 (月額2千円くらい)

3.既存回線をそのまま使用
  セキュリティ的には安心とは言えないので、避けたい方法です。

機械(ルータ)について

専用ルータ(FREESPOT、Do!SPOTなど)と、個人向けルータがあります。

1.専用ルータ FREESPOT
  高機能でセキュリティも高く、公共施設での利用も多く、導入件数多い。
  同時接続台数は約20台。ネックは、機械の設定を自分で行うこと。

2.専用ルータ Do!SPOT
  最近、小規模店舗で導入が増えている。NTTのサービスで安心。
  毎月500円がかかるが、初期設定は業者さんにお任せできる。

3.個人向けルータ
  接続数・セキュリティ的に問題あり。しかし、回線を【1】のパターンにするなら問題なし。
  同時接続台数は約10台。診療時間のみの回線利用などの制限もできない。

これらの考え方を組み合わせて、セキュリティを保ちながら、患者さんの利便性/待ち時間対策ができるようになるとよいですね。

前のページに戻る