主なカテゴリー

受付や診療を効率化するための、クリニック・診療所で使えるITツール


もっとIT化を進めたいが、いろいろ種類がありすぎてよくわからなくなって……という先生のために、まとめました。
 
簡単にお伝えすると、受付、問診、会計の3段階で解決方法があります。


【受付】

今や本当に多くの業種で「予約」が当たり前になってきました。
患者さんたちの「貴重な時間を効率的に使いたい」という要望はますます強くなっていくでしょう。
①初期・月額無料の予約システム(医療機関に特化していない)
②電カルと連動する高機能予約システム(医療機関特化)
の2種類が出てきており、導入される医院さんが増えている印象です。

【問診】

患者さんがいつでもどこでも自分のスマホで問診入力できる「オンライン問診票」の導入も増えてきました。
・対面では伝えづらい疑問や症状をしっかり伝えられる
・電カル入力の手間が省け、患者さんを見て診療できる
という点から、導入が増えています。意外と高齢の方たちも、ご自身のスマホで入力されているようです。

オンライン問診票(WEB問診)

【会計】

診療科や診療方針によって最適解は異なりますが、
例えば、ここ1、2年で増えている会計段階。
・効率重視なら、レセコンと連動した自動精算機。
・コミュニケーションを大切にしながら、現金授受の負担を減らすなら、セルフレジや自動釣銭機。
という考え方になります。
自動精算機:アルメックスClinicKIOSK(複数の販売代理店あり)
自動釣銭機(セルフ精算レジ):テラオカ

 

カテゴリ:医院経営お役立ち情報

この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます。

無料相談・お問い合わせ

お問合わせ

0533-66-3876

ご案内

対応可能地域

愛知県や名古屋市以外にも、
ネットで全国対応可能です。

北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川,新潟, 富山,石川,福井,山梨,長野,岐阜,静岡,愛知,三重,滋賀,京都,大阪府,兵庫,奈良,和歌山, 鳥取,島根,岡山,広島,山口,徳島,香川,愛媛,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄

 ページの先頭へ