主なカテゴリー

クリニックで「人が辞めない」求人を出すコツ


有効求人倍率がどんどんあがり、「募集しても求人が集まらない」というクリニックさんが本当に増えています。

「ハローワークに出しても来ない」
「とらばーゆに高いお金を払ったけど、1件も応募がなかった」
という相談も本当によくいただきます。

大切なのは「人を集める」よりも「人が辞めない」ようにすること。
だから、良いことも悪いことも含めて、誠実に丁寧に伝えていくことが大切だと考えています。

私がホームページやその他の採用ツールで求人を出すときに大切にしていることは、2つあります。

1つは、自分が、そこで働く姿をイメージしてもらうこと。
・ どんな人たちと働くことになるのか
・ どんな仕事をお願いするか

もう1つは、雇用のミスマッチを防ぐことです。
・ どんな人を求めているか
・ きちんと条件を提示する

具体的には、以下のようなことを丁寧に載せていくことが大切です。

採用媒体に載せる情報

求職者さんが知りたい情報を載せることが大前提です。
まずは勤務条件、給与などのハローワークで必ず聞かれる建前情報。
それに加えて「じゃあ、実際のところどうなの?」という実態情報が知りたいはずです。

書き方としては、普通に列挙していくだけでは読みづらいので、図表を使ったり、インタビュー形式を織り交ぜたりしながら載せていくとよいでしょう。

勤務面

  • 一日の働き方(スケジュール)
  • 年間を通しての繁忙期/閑散期のイメージ
  • 実際の休日や残業時間の程度
  • 有給の取得率や(あれば)取り方の約束
  • 仕事を覚えるまでのサポート体制がどうなっているか

給与面

  • 具体的で現実的な数字(繁忙期は残業込でいくらくらい、閑散期はいくらなど)
  • 給与の数字に出てこない福利厚生(ワクチン接種や食事会など)

職場情報

  • 年齢層(集合写真があると、年齢や人の雰囲気が伝わります)
  • お昼休みはみんなどのように過ごしているのか
  • スタッフの付き合いの程度(スタッフがプライベートでも仲良しなのか、ドライな関係か)

実態面

  • 働いている人の声(なぜこのクリニックを選んだのか、よいところはなにか)
  • 職場を退職した人の声(関係性がよくないと難しいですが…)
  • 離職の理由
  • 平均勤続年数

こうして挙げてみると「言いたくないな」と思うことのほうが多いかもしれません。

でもせっかく採用しても、「思っていたのと違った」「合わない」と辞められてしまうのは、求職者さんにとっても、クリニックにとっても不幸なことです。

良い部分も悪い部分も含め、「等身大のクリニック」を伝えることで、採用についても「相思相愛」になれると思います。

カテゴリ:医院経営お役立ち情報

この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます。

無料相談・お問い合わせ

お問合わせ

0533-66-3876

ご案内

対応可能地域

愛知県や名古屋市以外にも、
ネットで全国対応可能です。

北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川,新潟, 富山,石川,福井,山梨,長野,岐阜,静岡,愛知,三重,滋賀,京都,大阪府,兵庫,奈良,和歌山, 鳥取,島根,岡山,広島,山口,徳島,香川,愛媛,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄

 ページの先頭へ